寛永3年創業 いちはし はじめの素人模型本舗

タグ:デアゴスティーニ ( 90 ) タグの人気記事

週刊 トヨタ2000GT 7GT

e0253458_17144898.jpg


いつもの様に日曜日に届いた、デアゴスティーニの荷物。

今週号はタイヤとツールボックスのみというやつ。ホイールを確認とかタイヤを確認というやつを一度は経験してみたかったけれど、出来た。。。


さて、6号でこれ見よがしに「オレ様の会社はここまで忠実に再現してやったんだよ。しっかりとみやがれ」的な感じて確認しましたよ。


ハブナットはマグネットになっていて、多分これをくっ付けるんだろう。。

で・・・この昔みたいなフジミかアオシマのプラモみたいに見せかけて金属製のホイールにタイヤを装着。これで、左右のフロントは完成。空気に触れるなとか色々と書いてあったのでとりあえず、完成したタイヤ自体を暗室に・・・


e0253458_17225894.jpg



そして、付いてきたツールボックス。。。なんか使い道はあるんだろうけれど・・


このシリーズには不向きな感じである。。2000GTのグラデは案外かっこいいんだか。。悪いんだか。。
[PR]
by moki_model | 2012-01-31 17:26 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 5GT

デアゴスティーニ トヨタ2000GTの5冊目。今号は「マニホールドとマフラー」を作る。

付属されてきたのは、マニホールド前後とマフラー、そして、かなり後に取り付ける「右側のフェンダーミラー」

フェンダーミラーは「防眩処理(ぼうげんしょり)が施されていて、反射した光が目に入ってもドライバーに眩しくないように処理されている。模型には、保護フィルムが付いていて後から剥がす。マクラ同様、全然反射しない。ミラーじゃねぇか?というデアゴ批判はしないように、変にリアルな部分に再現しているメーカーでもある。


マニホを取り付ける、形状が違うので注意が必要!と思ったんだけど…あわないんじゃないかの?仮に間違えたとしても…

e0253458_16251541.jpg


並べてみる。

マフラーを取り付ける。

e0253458_1626272.jpg


マフラーにエキゾーストパイプをはめ込む。向きがあるので注意。ここは、かなりきつい部分なのであった。。。
後の号で曲がってしまう場合がある場合は処理方法が掲載されるらしいので曲がっても気にせずそのまんまいけ。との事である。


完成。。の写真を撮り忘れる。。
[PR]
by moki_model | 2012-01-17 16:31 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 4GT

昨日、4と5号が届きました。


デアゴスティーニ 「トヨタ2000GT」を作るの4冊目。今回はシリンダーブロックにヘッドカバーを取り付ける。で、今回4号は既にいつものしょぼいパッケージとなり、いつもの環境テロの如く梱包等のゴミが大量に生産されるのであった…


冊子にはトヨタ2000GTの巨大なフォグランプについて書かれてある。GT伝説はトヨタ1600GT-5が掲載されています。ヨタ8は既に紹介されていますが、個人的にはこの1600GT-5のスタイルが好きなんです。ただし。。。しつこいけれど、この車が登場した1967年は未だ産まれていませんので、100万円が安いのか高額なのか?分かりませんが。。庶民にも手が出るスポーツカーと紹介されていましたが・・・内心「それは無理かも」と思ってしまった。。


さてさて、作業に移ります。今号は多分使えないニッパーが提供されていました。ステップ・バイ・ステップを一通り読みます。

なんか、拍子抜けのソレックスキャブレターを穴に差し込んでビス止めです。

次に、プラぽい、ヘッドカバーボルトを取り付ける、付属されてきたニッパーは使わず、ゲート用のニッパーを使いました。2号に付いてきたピンセットも使いません。傷が付く恐れがあるから。なので、時間をかけてゆっくり取り付ける。ヘッドボルトは12個あり、ひとつは予備なのでひとつは飛ばして紛失しても構いませんが、二つ紛失はあかんです。もう3つ以上紛失したらなかった事にしたらええです。


e0253458_17391484.jpg



ちっさいと言えばちっさいパーツなので、ここは1つずつパーツを切り離し1つずつカバーにはめ込んで行く方が良いのだろうか?ボクはこのやり方でやりました。
ヘッドカバーにヘッドボルトをはめ込む時、ヘッドカバーのボルトをはめ込む穴が六角形になっていて、そこにはめ込むのだけど、プラぽいボルトは丸い、しかしこの銀色のプラの方がカバーのボルト穴より若干大き目なのではめ込んだ際、少しきつめにはまる。多分はめ込んだ際に伸縮するのか?きっちりとはまっていてデアゴによくある。ポロリはなさそうだ。



続いてシリンダーヘッドの上をシリンダーヘッドにはめ込むシリンダーヘッドをかぶせ、はめ込みます。パコッとはめ込めます。続いて、さっき製作したヘッドカバーをはめ込みます。これもあっさりはめ込めます。
期待していたキャブレターはプラでした。ソレックスキャブレターはメタルが良かったし…いかにもプラモデルみたいな感じでした。


e0253458_17453347.jpg



完成です。
[PR]
by moki_model | 2012-01-16 17:48 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 3GT

デアゴスティーニの1/10スケールのトヨタ2000GTの3号目。

このトヨタ2000GTとイーグルモスの日産 GT-Rは焦らず、慌てず、慎重に丁寧に製作するという目標をまず掲げました。

そして、ストレートで組んでいくということです。今号の作業は、シリンダーブロックの前の部分と運体席を組み立てるという内容です。

e0253458_7421439.jpg


すでに、取り付けていますが、シリンダーブロックとディストリビュータ・ドリブンギアスリーブを取り付け、シリンダーブロックの後ろ側から、タッピングネジで閉めこみます。

これを前回作った、シリンダーブロックにはめ込んで、今度は皿ネジで閉めこんでいきます。

次に運転席です。運転席バックレストをはめ込んで、更に運転席シートにシートレバーをはめ込んでいきます。


バックレストとシートをヒンジに「カチッ」というまで押し込んで、運転席シートに「軟質樹脂製」のシートとバックレストをはめ込みます。実車同様の「発泡ビニールレザーシート」に近い質感を表現しています。と書いてあっるけれど、なんか、やけに艶々している。たぶん、実際も新車もこんな感じだったのかもしれん。。。


この座席リクライニングが出来るので少し、遊んでみたけれど、座席の後の挟むやつは開かない。。ここの部分はなかなかの出来なのに。。残念・・・



e0253458_7582764.jpg




んで・・・・完成。。
[PR]
by moki_model | 2012-01-15 08:01 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 2GT

本日は2号の製作です。

その前に創刊号では、毎回精密に再現とか本に書いてあるけれど、今回は「1/10というビッグスケールの限界に挑戦と「プロジェクトX」なみの勢いです。勢いは感じ取れますよ。

さてさて、デアゴスティーニのパーツ付きマガジンシリーズはこれで3つ目です。ここまで来るとクセは分かってきました。今回の流れはマクラーレンみたく予定で今後も行くのだろうと思ってます。

2号の組み立てはシリンダーブロックとタイヤが付いてきました。3M型6気等DOHCエンジンの組み立てです。

e0253458_16145090.jpg


そして組み立ててみました。

試験販売組みはこの部分は後に黒くスプレーで塗布するようでしたが、全国発売版は黒く塗装されたパーツが付属されました。

まずは、1号で提供されたホイールに中空ラバー製のタイヤをホイールに被せていきます。

そして、シリンダーブロックを左右合わせ繋ぎ目が平になっているかを確認して、タッピングネジでゆっくりと慎重に閉めていきました。ネジ切りが施されていないので慎重に閉めてます。

次に、1号に付いていたシリンダーヘッドの下の部分をはめて対角線上にネジを閉めていきます。

そして、完成。本来の実車はシリンダーブロックとヘッドカバーは「縮み塗料」という錆び止め等を狙った塗装が施されているみたいですが、デアゴ版はなかなか良い感じでこの塗装を表現させています。

ホイールは市販車初搭載の鋳造マグネシウムホイールを上手く再現していそうです。

この2号は縮小版のトヨタ2000GTカタログが付いてきました。これは後日です。

そして、たぶん使わないピンセットがついてきました。
[PR]
by moki_model | 2012-01-12 16:32 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

デアゴスティーニ 1/8 週刊 マクラーレンMP4-23

 
e0253458_17433776.jpg


デアゴスチィーヌ 週刊 マクラーレンMP4-23も残すところ、2冊のみとなりまして・・・・


「送りましたメール」が届いて、てっきり来週の日曜日に届くものだと思っていたら、昨日届いた・・



今週、計4冊このマクラーレンMP4-23を作ることになったのだ。。。



ならば・・・もう残りの2冊も送れよであるけれど・・・これで、今年も最後?となる。配布であった・・・・


来年、そうそう完成みたいだけれど・・・長かったようで・・・短かったような・・・零戦と違い、この全巻「65号」


で完結というのがちょうどいい具合なのだろうか?




途中、「ウルトラマン」をつくるかと思わせるカウル。。。。そして、ここまで完成させてみた。




今週は、フロントウイング部分のところにデカールを貼るというのと色々ある・・・・このあたりはF1の詳しい方のブログをクグレ。


ボクは、サスペンション箇所にデカールを貼っていない、と言うのも・・・・両面に「貼る」のではなく、片面に張っていくというのが逆にちゃちくなりそうであり・・・・と思えてきたのであえて、貼っていない・・・



で・・・・今回は、フロントウイング部分の裏側にデカール・・・とここにデカール貼るくらいなら・・・何故にサスペンションの両側は貼らないのか。。と・・・


とりあえず、フロントウイング部分の両翼端のところにデカールをマークソフター、セッターを使い貼ってみた。



シリーズ初期にボータフォンデカールはかなり薄く作ってあり、「まぁ・・・・いいか。。。」と思っていたけれど、

この後半配布された。カーボン風デカールはかなり分厚く作られていてこの凹凸部分やらを以降仕上げていく為に試しに貼って見たけれど、やりやすかった。。。



とりあえず、マスキングだかけのこのマシーン。。。。零戦で想像していたよか・・・デカく笑ってしまったけれど・・・



これもデカイ・・・・・多少の接着剤のはみ出しは気にならないのではないか?何故にして「接着剤のはみ出し」を注意して今まで作業していたのか?。。。もうはみだせねぇ・・・と「接着剤」のはみだしに神経使っていた事に後悔しつつ・・・・カウルの浮きはどうするんだ?とか・・・・


こんなにデカイ模型をあそこが外せるとか・・・ステアリングが稼動とか・・・・完成後遊ぶのだろうか?等と考えてみたが・・・



零戦をつくるは結局、完成後飾っているのもである。。。。



たぶん・・・・飾るだけなのだろう。。。。


根気と男の器のでかさ・・・・女々しさをなくす事が出来そうなのが、デアゴスティーニシリーズなのであろうか・・・



これに自問自答してしまう。。。。




とりあえず、零戦同様・・・・以降「こうすれば良いのだ」と思いながら。。。。10万円以上もかけて製作した、マクラーレンも、零戦同様完成に近づいていくのであった。。。



さぁ・・・・スカイラインも作らなければ・・・・と考えつつ。。。



2号あたりから製作開始のデアゴ作るシリーズのボク的には3個目になる「トヨタ 2000GT」。。。



どーーせシリーズ後半になるとアクリルケース発売とかあるんだろうな。。。アクリルケースくらいただでくれればいいのに・・・・
[PR]
by moki_model | 2011-12-21 18:13 | デアゴスティーニ 

デアゴスティーニ 週刊 マクラーレンMP4-23

e0253458_1272236.jpg



2008年のF1のハミルトンモデルとして、マクラーレン社との共同開発にて、京商が模型を担当。

確か、去年より刊行されていた。マクラーレンMP4-23のデアゴスティーニ版がここまで完成した。。。


スカイラインGT-Rの製作もいっこうに進まず。。。まずは、このマクラを先行して作らなければ。。。

この、デアゴスティーニのマクラーレンMP4-23は1/8というビックスケール。。。。零戦よりかは、完成に近づいてきても作業に対して、邪魔にはならないけれど・・・とにかくデカイ!!

取り回しが出来なくなった零戦は、応接間まで移動して最後の製作をしていたけれど、これはなんとか作業場で完成に近づいてきている。。。。全長がだいたい60cm近くにもなり、完成後は色々とパーツが外して楽しめる。。。


残り数冊でやっと、完成。。。。



このモデルは心が折れなかったけれど。。。。ここまで来て最後の最後にトップコート?クリアコートの事がかいてあった。。。。。


デアゴの公式ホームページによると、最後に貼るデカールは厚みがあるものらしい。腕に自身がある人はやってくださいと書いてあった。


むろん、ボクはやらない。
[PR]
by moki_model | 2011-12-16 01:43 | デアゴスティーニ 

1/16 デアゴスティーニ 零式艦上戦闘機二一型(A6M2b) 週刊 「零戦をつくる」 

e0253458_172253.jpg


e0253458_18281442.jpg



以前、デアゴスティーニから刊行されていた、「零戦をつくる」がしんなりと完成・・・・

全長 約560mm 全幅 約750㎜。。。パーツ数が700点以上(以上も以上・・・異常な程あったような記憶があるが・・・)



初めて手がけたのが金属模型がこのデアゴスティーニの「零戦」。もともと、色づけを行うとこんなに大きな模型ならムラになる。ならばいっそうひとまとめで塗装する。。。とか。。思ったけれど本来、これを作る際に「金属感」に魅力があったのと、経年劣化によるドンとした感の金属感が楽しみかもと思い作業を開始したので、塗装なしの
アルミコンプリートモデルである。



更に・・・・・実機に近づけるというのも、止めて指示通りの組み立て、所謂、素組みでなにも手を加えていない。。


しかし、初めてなので色々と失敗もし・・・・更に心が折れそうになり。。。。5.6回。。。やめた!と思ったけれど。。。「定期購読」という自分に追い込みながら製作。。。。一年作らずにほったらかしていたけれど。。。



せっかくとりつけたところを外して、やりなおしてくれという理不尽な要求にも耐え。。。ドMな顧客になりつつ。。。


完成した。。。さすがに、2年もやり続けるというのは「根気」ではなく「やり遂げる」というスピリチュアルなメイタリティな部分が育ったような。。。育たないような。。。。理不尽な人でも許せるという男の器を大きく成長させるシリーズだったと言う事は言えよう。。。



で・・・・この零戦。。。翼の小骨部分の細かにパーツを延々と組み立てて・・・・変に小骨のパイプが逆だったりと。。ただ・・・これは、模型としては逆の方が見栄えがするのだろうが・・・


実機として飛ばしていたと考えると小骨はデアゴの指示だと指摘されていたように逆になる。


これは、翼に負担がかかる為の構造なのだろうけれど、デアゴ版の零戦の小骨だと、零戦の特徴でもあった、急旋回をさせた時に翼にかかる負担はかなりあるため、機体側にパイプがこないと耐久的に持たないと思うっす。。。


更に・・・・瞬間接着剤で取り付けた部分がポロリと取れてしまって修正したり。。。。と。。。。苦労に苦労をかけた・・・・



完成後しばらく、置き場所に困り果ててしまい居間に置いていたけれど、親戚等、人が来るたびに「すげぇ・・・・」と言われるのが恥ずかしくなり。。。


只今、自分の部屋に強引に置き場所を確保・・・・今は自分の部屋に飾ってあるという悲しい話を思い出したりするのです。








南無
[PR]
by moki_model | 2011-12-15 17:39 | デアゴスティーニ 

デアゴスティーニ トヨタ2000GT創刊号

e0253458_1635533.jpg



本日、WEBで定期購読を予約していたのが、今日昼過ぎに届いた。

そして、マクラーレンMP4-23の60号と61号も届いた。本来なら先週の日曜日にマクラーレンの方は届いていなければいけないのだが・・・・トヨタ2000GTを定期購読を申し込んだら、こっちのトヨタ2000GTの発売に合わせてこれと一緒に送られてきた。。。。。。


マクラーレンの方は届かなかったので、デアゴにメールしたら。。。。12月6日前後に送りましたというメールが来たのだけれど・・・・・10日に商品発送のメールが届いた。。。

本もCDも予約したら。。。前日には手元に来るだろう。。。。普通は・・・・というのに。。。。この会社は、律儀なのか?融通が利かない。。。。きっちりと。。。発売日の13日に届いた。。。

先行発売組みの方々のを試験していない県の方々が購入する際は、デアゴにメールではなく、電話でその旨を伝え、購入出来るらしい。。。


こういうのは、やるくせして。。。。更に・・・・ネットでどんなのが発売されるのか?と分かるのに。。。


こんなに律儀かつ・・・融通の利かない・・・・臨機応変もへったくれもない。。。D社って。。。。



まぁ・・・・文句を言っても仕方ない・・・・漸く「デアゴスティーニ 零戦をつくる」を無事に完成させれたので・・・

とりあえず、素人でも出来る模型なのだろうが・・・「せっかく制作したのに、外す。。。。」「間違えたので作業を中止・・・」「作業中止をしていて下さい・・・」「順序がデタラメ・・」という事を念頭に。。。。


まずは・・・正確に再現されていない。。。などなどを頭に入れて相当・・自分のメンタルというか・・・男の器のデカさを持っていないとタダタダ・・・・怒り心頭の会社である。。。。



まぁ・・・・そんな文句タラタラ言っても仕方ないので、今回のトヨタ2000GT、トヨタの完全監修により実現されたもので、今までこの会社は京商と組んで模型を制作する事が多かったけれど。。。


余りにも酷い出来なので、クレームが来まくったのか?。。。。見捨てたのか?このモデルは京商製ではないのが特徴。


この模型のトヨタ2000GTは言わずと知れた、ヤマハ発動機と共同開発された車でエンジン開発もヤマハ、ボディもヤマハの手による車であり1967年に発売された日本のモータリゼイションの黎明期の傑作中の傑作、トヨタに工場見学に行くと2000GTのプラモが貰えた。


詳しい事はいろいろと調べてくだされ・・・・


さて。。。。本日、創刊号が届いたので中身をチェック。(不良品がたまにあるのでね。。。これも念頭に入れなくては・・・・)まずは、スタートアップDVD、これは、スタートにあたってのやつではなく。。。個人的な感想は、まぁ・・・・テンション維持する為の道具と思う。。。


エンジンのヘットカバーは砂地塗装にしっかりとなっていて、まずまずと言った感じ。。。。マグネシウムホイールとホイールカバーとオイルキャップ等。。。。


今回の作業は、ヘッドカバーにオイルキャップをつけるのみの作業。。。。そして、袋に入れて保管となっていたので・・・これじゃね・・・・という感じだったのでしばらく貯めてから作業をすることにした。。。
[PR]
by moki_model | 2011-12-13 17:18 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

デアゴスティーニ トヨタ2000GT 

デアゴスティーニが、9月辺りに岡山、香川両県で試験的に発売していた、トヨタ2000GTが来月12月に全国発売される。


蒸気機関車D51は6ヶ月かけて来年の1月なのに・・・この2000GTは数ヶ月で全国発売となった。。。マクラーレンMP4-23を製作しているので、懐が・・・・・・

来年の「春」と予想していたので、こげなに早く発売とは。。


う・・・・ん。。。速すぎる・・・と思っていたけれど、「作らなければ」という勝手な意向で、早速定期購読を申し込んできましたよ。

完成後は、いたたまれないくらいのデカさで。。。「置き場所」が困るくらいの大きさなので、どこに置こうかと今から思案。。。


今回のデアゴスティーニのトヨタ2000GTは、楽しみだ。あと、来年、イーグルモスから日産 GTRを作るが発売される。こっちは1/8というビッグスケール。。。


デアゴスティーニのトヨタ2000GTは1/10スケールである、なにか、楽しみで仕方ないっす。
[PR]
by moki_model | 2011-11-27 17:54 | 1/10 トヨタ2000GTを作る


下手くそですのでご指導よろしくお願い致します。デアゴ模型、レジン、トランス、プラモの車を作ってますが。制作方法が間違えていましたらご指導お願いいたします。

by いちはし はじめ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-11-04 09:25
ランボルギーニカウンタックL..
at 2013-10-20 03:36
週刊 Lamborghini..
at 2013-09-25 02:52
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-08-30 08:31
忌中
at 2013-08-22 07:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧