寛永3年創業 いちはし はじめの素人模型本舗

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

週刊 トヨタ2000GT 11GT

11号の製作。エンジンです。エンジンは作っていて楽しいです。

まずは、パーツ。。オイルネーターとウォーターポンプを取り付けるという作業です。

e0253458_282174.jpg


・・・ショボイです。。しかし・・今回はこれでいいんです。

まず・・今まで製作したエンジンのシリンダーブロックの前を外します。
オルタネータブラケットをはめまして、ウォーターポンプをしっかりはめて・・

シリンダーブロックを元に戻します。

e0253458_2113978.jpg


こんな感じです。オルターネイターファンをはめ込んで・・・オルターネイターブラケットをはめ込んで・・ウォータープーリー、プーリーをはめ込みます。。

e0253458_215777.jpg


で・・・ですが。。。

Vベルトをかけて行きます。これが、一体成型だったら定期購読解約してやろうかと思いましたが、
これはいいです。一応、外すかもとかいうことなので両面で仮止めと書いてありましたが、
別段かかっていますし・・・外すんだろうと予測してそのままにしてあります。

e0253458_2175437.jpg


完成です。だんだんとエンジンぽくなって来ました。オルタ等はしっかりと着色されています。

実車はこんな感じじゃないと思うけれど許容範囲です。
[PR]
by moki_model | 2012-02-28 02:08 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 10GT

デアゴスティーニ 週刊 トヨタ20000000・・・おっと。。多く0を書きすぎた。。トヨタ2000GTを作るの10号と11号がいつもの様に日曜日のだいたい午前10時頃届いた。

早速、製作に取り掛かる。今回はディストリビューターの組み込みとアクセルレーターリンクシャフト」俄然、エンジン製作に近づきつつある。今回のシリーズはテンションが上がる。

そっそく今回のパーツ。。
e0253458_156150.jpg


・・・・・

エンジンを用意して、ディストリビューターの取り付け、Aパーツ,Bパーツをはめ込む。それをディストリビュータ・ドリブンギアスリープにはめ込んで・・・
e0253458_158581.jpg


e0253458_243554.jpg



そして、次にベンチレーションチューブを差し込む。

e0253458_212755.jpg


こんな感じ。

で・・・アクセラレーターリンクシャフトを取り付ける。ここは写真を撮り忘れ。。

で・・・今号は終わり。。
[PR]
by moki_model | 2012-02-27 02:06 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

イーグルモス 日産 GT-R 5冊目「LEDデイライトとウインカーランプの取り付け」

僻みとやっかみで始めたイーグルモスの週刊 GT-Rも5号目。

とっくの土曜日に届いていたけれど昨日製作。

e0253458_1794466.jpg


5号もブリスターパック、この辺りは気が利いていいですね。水野氏のGT-Rの組み立てを楽しんでください。との声援をしっかりと受け止めます。

今号はLEDデイライト、ウインカーにロゴ付きナンバープレート。スクリューネジ各種に磨き用グロス。

組み立てます。まずは、1号で製作したフロントバンパーを用意。キズが付くかもでテッシュに包んで保管しておきました。

LEDデイライトをスクリューネジで止めます。

e0253458_17145861.jpg


ロッケンローです。なんか注意書きがありました。解るようで、解りにくい説明図です。

次に、ウインカーをスクリューネジで取り付けます。全て裏側からネジで閉めこみます。

e0253458_17172548.jpg


最後にナンバープレートを付けます。日産のロゴ入りのABS樹脂製です。バンパーの裏側からネジで閉めこみます。

e0253458_1720193.jpg


完成。結構いけている。パーツの質はなんなんですが・・・全体の感じは今のところデアゴのトヨタ2000GTよりいい感じです。
で・・・・バンパーの続きは23号までやらないので再度、テッシュに包んで保管。ずっしりとかなり重いです。

次回はエンジンを取り付ける。自慢のVR38DETTを取り付ける作業なのですが・・大まかに取り付けるみたいです。以降エンジンパーツのみの号があるのでかっちょよくなるのでしょう。
[PR]
by moki_model | 2012-02-21 17:26 | 1/8日産 GT-R(R35 2011)

イーグルモス 日産 GT-R 4冊目「右リアサスペンション」

土曜日に無事に届いた。イーグルモス 週刊R35 GT-R、4号と5号がいつもの様に灰色の袋に入ってきました。

e0253458_17161950.jpg


で・・・定期購読の方には同時に送るぜ。。と書いてあった、GT-Rのスペックスタンド、2011年のやつ。
無造作になんの梱包もせずに入っていた定期購読の特典第1弾スペックスタンド。デアゴだと箱に入ってるけど…いつも環境テロ呼ばわりしていたデアゴの方が配慮は良い。

なんの梱包もせずに無造作にしかも、送り状にはなんも書かずに送ってきたけれど・・よく壊れなかったもんだと配送業者のプロ根性を見る。。

さっそく作業を今回の4冊目は今までの中で作業量は多め。

如何にも、質というか・・・パーツの出来がなんなんなので・・

e0253458_17213990.jpg


デアゴだともの凄くこの辺りから袋の中にちっさなパーツが犇めき合うのだが・・ブリスターパックである。ここは気が利くがこれを破壊するという作業もある。。また・・このシリーズのパッケージが如何せん分厚いのでこれも破壊するに一苦労である。。

先日、ウチの近所の書店で4号を見てきたけれど思い切り不良品があったので心配でしたが、今回も当たりを引いたみたいです。。。

ショックアブソーバーの組み立て、ショックアブソーバー(UPR)にコイルスプリング(金属製)をはさみショックアブソーバー(LWR)を回して先端のピンをUPRの内側に嵌め込みます。
完成時に10㌔もあるので相当硬いのですが、動きますよ003.gif
なかなかの出来です。

次にアッパーアームのナックルベースの取り付けとなります。右を作るのでボクとしては利き腕ではないので非常にやりづらい箇所です。。。008.gif

しかしながら、慎重に作業することを第一としているので多少の時間はかかります。。
ナックルベースにアッパーアームをスクリューネジのEMとナットを使って止めます。ここもしっかりと稼動するのです。しかし・・・ここで疑問。。何故か?ワッシャーを使わないので大丈夫なのだろうか。。と思い一工夫加えて、閉めこみました。がっつり閉めこんであるので外れることはないだろう。。

次にさっき作ったショックアブソーバーをナックルベースに取り付け、ここもネジとナットで取り付け、同じ事を思いながらアッパーアーム同様工夫です。。ここもがっつりと閉めこんでしまいましたが動きます。

ロワリンクのFr,Rrを取り付けて、ラジアスロットを取り付けて、スタビライザーを取り付け、右のブレーキキャリパーを取り付けて・・

e0253458_1739336.jpg


e0253458_17414320.jpg


e0253458_174158100.jpg


タイヤをがっつり取り付けて・・・ここは、ナックルベース自体に穴が切れていないので垂直にネジを最後まではめ込む事のみを念頭に置いて・・・


e0253458_1743056.jpg



ホイールキャップを取り付けて完成。。


因みにホイールキャップはそのままで取り付けると落ちるので、キャップ自体を中に入れ込むように入れると上手くはまるハズである。。。


とりあえず、なんとかここまでなんもなく行っている。。。しかし・・このシリーズ先が読めんな。。。
[PR]
by moki_model | 2012-02-20 17:48 | 1/8日産 GT-R(R35 2011)

週刊 トヨタ2000GT 9GT

2月20日にデアゴスティーニは、前作の「マクラーレンMP4-23」に続いて『週刊 マクラーレンホンダMP4/4』が新潟で試験発売されることになったらしい。


あれ売れたんけ?マクラーレンMP4-23。。。今度は、セナでお馴染みのマールボロカラーのあの白赤のマシーンですよ。京商製だったらいらんし。。。あのレーシングマシーンのデアゴシリーズはもう買わない。。。タミヤとかの方がいい。。。・・・・


まぁ・・全国発売されることになるのでしょうか?。。あと、帆船のヴィクトリー号はいいですね。。。あれ作ってみたい・・・すぐ挫折するんだろうけれど。。。まぁ・・どのみち。。。この2000GTとGT-Rでもうお金がありましぇん。。。


諦めます。。。


さてさて・・・デアゴスティーニ トヨタ2000GTを作るは今週は9号目。ロングドライバーとオイルフィルター、インテークエアコルクターとコンションシール。部品よりドライバーの方がデカイとは。。。


さて、組み立て5号で組み立てたエンジンブロックを用意。マニホを一度取り外し、オイルプレッシャーセンターゲージをはめ込んで、オイルフィルターをはめ込んむ作業なんだけど、

さすが、デアゴさま、解説は上から目線のツインターボーである。
♪上からデアゴ♪詐欺ッスティックなやつめ!

ここは、シリンダーブロックを取り付けた際に取り付けたビスがあるわけなんだけど、偉そうにオイルフィルターを取り付ける事によってビスを隠すわけだ。とどやぶりを発揮していやがる…たわけめが…

ようするに、ビスをこの部品を取り付ければ隠れるという事である。


e0253458_17511966.jpg



そんで、フロントのマニホを再度戻して、次に解説無視して8番目のキャブにインテークエアコネクターを「にゃん」とハメこむ。10番目で完成したのが掲載されているむけど、斜めになっていれば正しく取り付けてられている。と書いてあるが・・・・どーーーー見積もっても斜めにしかはめれないし、本来も斜めである。。。この作業が終わった後、コーションシールを貼る、コーションシールはオイルの交換等が記載されたヤツで、ルーペ等を用いて見ると細かく再現されていてなかなかのもんである。。


ところで・・・このトヨタ2000GT、3号、4、7号で指示ミスがあったらしい。。。創刊号もタコメーターとスピードメーターが逆に紹介されていたらしい。。。ここは・・・気が付いたけれど。。

作る作業においてまったく指示ミスに気が付かず製作できるので、まぁ・・・いいか。。


んで・・


e0253458_1835478.jpg



完成。GT伝説は今回は、セリカリフトバック、たぶんセリカ2000GTのことだと思う。前回の8号は初代のセリカで、セリカ1600GT。前者より後者は当時よく見かけた記憶がある。


というより、このセリカ自体ずいぶんと子供の頃よく見た車である。えらいマッチョなイメージがあったけれど、マスタングなくしてセリカなしみたいな事が冊子に書かれてあった。当時、スーパーカーよりアメ車のアホみたいな車の方が好きでセリカはたぶん、このアホな感覚を日本風にアレンジしたらこうなったという感じなのだろうか?子供の頃好きな車でもあった。


名前が「女の子」の名前みたいでアメ車みたいなアホな車がセリカの魅力である。とボクは今でも装思っている。


あと、毎度の事のように15号から書店では予約のみの販売となりますというチラシが入っていた。
そして、毎度のように15号から定期購読を開始した方には全員プレゼントとしてライトが貰えるという嬉しいのか悲しいのか。。。必要なのか。。。必要じゃないのか。。。・・


まぁ・・・貰っておいて損はないようなので貰える時は貰っておこう。。


では、今度は来週のイーグルモス 週刊 R35 GT-Rを作るを作るのだ。
[PR]
by moki_model | 2012-02-14 18:23 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

週刊 トヨタ2000GT 8GT

昨日、届いたデアゴスチーヌのトヨタ2000GTの8号目と9号目。

そんで、今回は、8号の製作。今回は、助手席の組み立て。

e0253458_16502015.jpg


いたって簡素ないつものパーツ郡。そして、エコの時代アンチな環境テロみたいな梱包というか・・
書店で見るあの表紙である。


早速組み立て、特別注意する点はないので、ちゃっちゃと組み立て数分で完了。ただし、今回のモデルの目標は焦らず慌てず慎重にがモットー、ゲットーなのでしっかりとステップ・バイ・ステップをじっくり読みながら進めて。。

e0253458_16544244.jpg


完成。

運転席、同様実車は発泡ビニールのバケットシートを採用してあるらしいしかも、座面と背面は仕上がりが異なり云々かんぬん。。。デアゴ版2000GTはそこも考慮して再現してあるのだが。。
なんか・・・違うような気がする。。。が・・・経年劣化で実車みたいなシートの色になるんだろう。。と思い今回の作業は完了。
[PR]
by moki_model | 2012-02-13 17:00 | 1/10 トヨタ2000GTを作る

イーグルモス 日産 GT-R 3冊目「右リアブレーキシステム」

はっきり言うが。。。実車なんて買えないのでやっかみと僻み根性で定期購読を開始したイーグルモスのGT-Rを作るの3号目。今回は右のリアブレーキシステムを製作するらしい。
e0253458_16273465.jpg


付属されていた部品。ところで、昨日書いたタイヤの件はパターンがあるのでというより、冊子のパターン絵がなんか違うような気がするので、14ページの実物のタイヤを参考にはめ込んでみました。

以前、スポーツカーを乗っていたので多分、タイヤの方向はあるのでは?と思い矢印を探す。で・・・完成したのだが。。あっているのか?
実際、このGT-Rが走っているところも見たことないし。。。




さてさて、ブレーキシステムの製作。

エッチングパーツを使った、右リアのブレーキディスクプレートに、ディスクベースのネジ位置が揃うようにしておいて、次に、ディスクハブを取り付ける。付属のドライバーはなんか頼りないのでいつもの様にタミヤのドライバーを使用。


ここは、なめそうなので左右交互に閉めていった。トルクがかかったらやめる。

e0253458_1638255.jpg


で、完成。


ん・・・なかなかかっこいい。。。


しかし、今回付いてきたキャリパーはホースまでついているのに、パットは付いてないし・・

忠実に再現されていない。。けれど・・・完成された商品に関しては、冊子には忠実に完成されたという文字はない。。。

実際のブレーキシステムとだけ書いてある。確かにであった。。。


この実車のGT-Rのブレーキシステムは、ブレンボ社との共同開発らしく、時速100キロで走行中のGT-Rを30メートル足らずで停止できるという。

2007年では480馬力だったGT-Rは2011年では、530馬力にパワーアップされている。この為に今までのФ380から、2011年モデルはФ390というレーシングカー以上のブレーキディスクにアップデートされているらしい。
[PR]
by moki_model | 2012-02-07 16:54 | 1/8日産 GT-R(R35 2011)

イーグルモス 日産 GT-R 2冊目「右リアホイール」

一ヵ月以上もほったらかせれていたイーグルモスの日産GT-R…漸く今月から通常通りの発行らしい…ネットでは、なんちゃらと言う女の子がこのモデルを毎週作って行って、一枚一枚服を脱ぐという……。。。

そんなわけで、2号は右リアホイールにタイヤをはめ込むという作業。

タイヤは硬いのでお湯に5分程温めてホイールにハメる。パターンがあるので確認をするとの事。


e0253458_16595792.jpg


2号のパーツ。はデッカいリアホイールとタイヤ。

e0253458_1705637.jpg


完成。デアゴの2000GTのエンジンと同じくらいの大きさのタイヤが出来上がる。
[PR]
by moki_model | 2012-02-06 17:03 | 1/8日産 GT-R(R35 2011)


下手くそですのでご指導よろしくお願い致します。デアゴ模型、レジン、トランス、プラモの車を作ってますが。制作方法が間違えていましたらご指導お願いいたします。

by いちはし はじめ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-11-04 09:25
ランボルギーニカウンタックL..
at 2013-10-20 03:36
週刊 Lamborghini..
at 2013-09-25 02:52
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-08-30 08:31
忌中
at 2013-08-22 07:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧