寛永3年創業 いちはし はじめの素人模型本舗

兇悪のデアゴスティーニ エンツォ・フェラーリ

完成したエンツォ・フェラーリのお話です。

昨日、漸く完成した我がエンツォ・フェラーリ。。。中々の出来です。大満足しています。

チリ合わせ。。リヤカウルの調整と色々と手間取りまた、他のD社のエンツォを作っていた方々の言われていたように色の問題はありましたが、固体で違うのか?
ボディ上面につける赤色のパーツは整っていました。
リタッチしながら製作。リヤカウルはヒンジにビスを入れ、これをフレームに会わせるというやつで・・

実車を見る限りリヤバンパーとリヤカウルが少しあいていましたので、これと同じくするために色々と厄介な箇所を調整しました。よって実車とは少し違う感じになった感じです。



組み立て説明書の不備または、デカールガイドが曖昧なので難儀な模型でしたが、今まで、零戦、マクラーレンMP4-23と製作してきましたが、これが一番の出来でした。

カーボンもそれなりに再現されていて、ディスクブレーキ等の配線も凝っていて大満足でした。後は、ケースをどこか安いところで製作したいのと、ボディを磨くのは何を使えばいいのか?

ケースがないので布で被せています。

ただ・・・リヤのタイヤハウス?の外側から出ている黒いコードは結局どこに配線するかは指示がありませんでした。

さてさて・・・ギニック・チェックです。これは、リヤのテールランプ、バックランプ、フロントライト、エンジン音、クラクション・・・ドアの開閉・・可変スポイラーと満載です。

製作はコードを断絶しないように細心の注意を払って製作してきました。

ポップアップ式のドアはなんなくスムーズに開きました、左右ドアの歪みというか浮きもありませんでした。

ドアは若干回し難く、ステアリングも切り難いです。可変スポイラー、リアカウル、ボンネットも問題はありません。

テールランプ、バックライトは以外と明るいです。しかし、電池を入れるにはボンネットを開けて、バック等の付属品を取り。。と面倒です。。

また電池は入れぱなしは液漏れしそうで・・・外しました。

メインスイッチは入れやすいのですが、ブレーキとアクセルは長い棒を使わないと無理です。


しかし、めげずにやってみました、クラクションはこんなもんかという具合でした。運転席のパネルも光ります。


しかし・・・・エンジン音はV12とは程遠くショボイかったです。後にエンジンがつんであるのに前から聞こえます。多分、気のせいでしょう(フロント側にエンジン音のやつが付いている)


面白すぎて、昨日思わず遊んでしまいました。。。


今、製作を再開したトヨタ 2000GTと比べると、2000GTはこじんまりした感じがします。


完成させたら2台並べて、酒でも飲みたいです。
[PR]
by moki_model | 2012-10-11 07:46 | 1/10 Ferrari Enzoを作る
<< 週刊 トヨタ 2000GT 43GT デアゴスティーニ エンツォ・フ... >>


下手くそですのでご指導よろしくお願い致します。デアゴ模型、レジン、トランス、プラモの車を作ってますが。制作方法が間違えていましたらご指導お願いいたします。

by いちはし はじめ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-11-04 09:25
ランボルギーニカウンタックL..
at 2013-10-20 03:36
週刊 Lamborghini..
at 2013-09-25 02:52
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-08-30 08:31
忌中
at 2013-08-22 07:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧