寛永3年創業 いちはし はじめの素人模型本舗

デアゴスティーニ トヨタ2000GT創刊号

e0253458_1635533.jpg



本日、WEBで定期購読を予約していたのが、今日昼過ぎに届いた。

そして、マクラーレンMP4-23の60号と61号も届いた。本来なら先週の日曜日にマクラーレンの方は届いていなければいけないのだが・・・・トヨタ2000GTを定期購読を申し込んだら、こっちのトヨタ2000GTの発売に合わせてこれと一緒に送られてきた。。。。。。


マクラーレンの方は届かなかったので、デアゴにメールしたら。。。。12月6日前後に送りましたというメールが来たのだけれど・・・・・10日に商品発送のメールが届いた。。。

本もCDも予約したら。。。前日には手元に来るだろう。。。。普通は・・・・というのに。。。。この会社は、律儀なのか?融通が利かない。。。。きっちりと。。。発売日の13日に届いた。。。

先行発売組みの方々のを試験していない県の方々が購入する際は、デアゴにメールではなく、電話でその旨を伝え、購入出来るらしい。。。


こういうのは、やるくせして。。。。更に・・・・ネットでどんなのが発売されるのか?と分かるのに。。。


こんなに律儀かつ・・・融通の利かない・・・・臨機応変もへったくれもない。。。D社って。。。。



まぁ・・・・文句を言っても仕方ない・・・・漸く「デアゴスティーニ 零戦をつくる」を無事に完成させれたので・・・

とりあえず、素人でも出来る模型なのだろうが・・・「せっかく制作したのに、外す。。。。」「間違えたので作業を中止・・・」「作業中止をしていて下さい・・・」「順序がデタラメ・・」という事を念頭に。。。。


まずは・・・正確に再現されていない。。。などなどを頭に入れて相当・・自分のメンタルというか・・・男の器のデカさを持っていないとタダタダ・・・・怒り心頭の会社である。。。。



まぁ・・・・そんな文句タラタラ言っても仕方ないので、今回のトヨタ2000GT、トヨタの完全監修により実現されたもので、今までこの会社は京商と組んで模型を制作する事が多かったけれど。。。


余りにも酷い出来なので、クレームが来まくったのか?。。。。見捨てたのか?このモデルは京商製ではないのが特徴。


この模型のトヨタ2000GTは言わずと知れた、ヤマハ発動機と共同開発された車でエンジン開発もヤマハ、ボディもヤマハの手による車であり1967年に発売された日本のモータリゼイションの黎明期の傑作中の傑作、トヨタに工場見学に行くと2000GTのプラモが貰えた。


詳しい事はいろいろと調べてくだされ・・・・


さて。。。。本日、創刊号が届いたので中身をチェック。(不良品がたまにあるのでね。。。これも念頭に入れなくては・・・・)まずは、スタートアップDVD、これは、スタートにあたってのやつではなく。。。個人的な感想は、まぁ・・・・テンション維持する為の道具と思う。。。


エンジンのヘットカバーは砂地塗装にしっかりとなっていて、まずまずと言った感じ。。。。マグネシウムホイールとホイールカバーとオイルキャップ等。。。。


今回の作業は、ヘッドカバーにオイルキャップをつけるのみの作業。。。。そして、袋に入れて保管となっていたので・・・これじゃね・・・・という感じだったのでしばらく貯めてから作業をすることにした。。。
[PR]
by moki_model | 2011-12-13 17:18 | 1/10 トヨタ2000GTを作る
<< 1/16 デアゴスティーニ 零... イーグルモス 日産 GT-R ... >>


下手くそですのでご指導よろしくお願い致します。デアゴ模型、レジン、トランス、プラモの車を作ってますが。制作方法が間違えていましたらご指導お願いいたします。

by いちはし はじめ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-11-04 09:25
ランボルギーニカウンタックL..
at 2013-10-20 03:36
週刊 Lamborghini..
at 2013-09-25 02:52
ランボルギーニカウンタック ..
at 2013-08-30 08:31
忌中
at 2013-08-22 07:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧